−「かみなり」を作ろうと思ったのはどうしてですか。
 「以前は「お福さん」など可愛い人形が多かったのですが、カベに突
き当たった時期があって、その時酒を飲みながら作っていたらかみ
なりに似てきた
  のです。架空の存在なので、映像の世界で選べるのが楽しい」

−それ以外も、普通の焼き物とはかけ離れたものが多いですね。
 「子供の粘土遊びのような感じで、好き勝手に作っているのです。
自分だけのものを、試行錯誤しながら生み出せたらと思っています。
同じようなものを作るとどうしても最初が一番なので、なるべく一本、
一本のものを増やすようにしています。焼きあがってしまうと、次はど
うなるかが関心で、作品をとっておくことはしない主義なので、過去の
ものを参考にすることもありません」

−作品のアイデアはどういう風に思いつくのですか。
 「子供の絵がヒントになることがあります。あとは散歩して空を眺め
たときなどでしょうか」

−成型にロクロは使いますか。
 「少しは使いますが、手で直接、形にとらわれず作ることが多いで
す」

−作品は形が自由なだけでなく、力強く、どっしりとしていますが、焼
き方に工夫があるのですか。
 「中が空洞でないので、とにかく時間をかけて辛抱することです」

−ところで、陶芸をやろうと思ったのは。
 「小さいころからモノを作るのは好きでしたが、唐津にいた時、陶工
の古舘五郎(故人)という人とめぐり会いました。半身不随で片腕で
仕事をしていましたが、楽しみながらモノをつくり欲のない人でした。
無名でしたが一番影響を受けた人で、その人を見ていて、焼き物を
やろうと決心しました」

−周辺には古唐津の窯もあるそうですが、古唐津を意識はしません
か。
 「一部は近くから土を掘り、釉薬も唐津焼に似たものを使っていま
すし、古い形に興味もあります。しかし、それにとらわれたくはありま
せん」

−佐賀は、唐津、有田など焼き物が盛んですね。
 「(団体など)無所属ですし、他の人のことは気にしないようにしてい
ます」

−最近は人気が出てきたそうですね。
 「一時は生活が大変だったのでありがたいのですが、以前の方が
本当に好きな方が来てくれたような気がします。でも自分の好きなこ
とばかりしたら売れんようになるのではないですか。一方で、売れな
いとホッとする気持ちもありますが」


インタビュー




































































トップへ
トップへ
戻る
戻る