畑萬陶苑では、新しい製品群として、香水瓶シリーズを開発、09年7月、東京・新宿の
京王プラザホテルで開かれた大有田プラザ展でお披露目した。
  香水瓶は、造形も様々、絵柄の伝統的な鍋島様式から現代風まで、合計60種類をそ
ろえた。キャップの接合が難しく、約2年の試行を経て、特殊研磨の技法を考案、特許も申
請した。
 また、香りの専門家である中島基貴氏と共同で、オリジナルの香水「伊万里香水」も製造
した、
 畑石社長は、「これまでの技術、デザインを注ぎ込んだ。これで伝統が継承していければ
よい。製品には一つ一つ番号を振り、コレクションとして大切に保存してもらいたい」と話
す。
 現在は、東京・銀座の和光で試験販売を始めたばかりだが、今後高級雑貨、化粧品店な
どでの販売を広げ、また、輸出も手がける考えという。


伊万里香水


















































トップへ
トップへ
戻る
戻る