奥川俊右衛門


    奥川俊右衛門は、磁器に絵付けをしない白磁を専門にしています。白磁は当然のことながら成型が命です。ロクロの技術では、有田では人間国宝となった井上萬二と双璧と言われています。やはりロクロ名人であった故奥川忠右エ門に師事、その娘婿となりました。忠右エ門の技の継承者です。
 白い磁器ですが、俊右衛門の作品にはなんとも言えぬ気品と「華」があります。それは単
なるロクロ成型にとどまらず、微妙な形の変化を加え、文様を彫り、ピンクやブルーなどをうっすら彩色するなどの、きめ細かな技法によってなされています。
現代の名工に選ばれ、近年は佐賀県窯業大学校の講師として多忙な日々を送っていまし
たが、役目も終わり、本格的に作家活動を再開するそうです。
 娘さんの真以子さんも、2007年の伝統工芸展に初入選しました。
白磁煎茶(瓢) 白磁ぐい呑み(きりこ) 青白磁山茶花紋ぐい呑み
白磁面取りぐい呑み 青白磁山茶花一輪差 彩青磁椿紋一輪差
白磁ばら紋一輪差し
     
                楽天 和食器ランキング
  
 



トップへ
トップへ
戻る
戻る