市川翠子

  焼き物の町、佐賀県有田から車で二十分ほど、伊万里市のはずれに大川内山(おおかわちやま)がある。江戸期に佐賀・鍋島藩の御用窯が置かれたところだ。藩は技術の流出を防ぐため、三方を山に囲まれた谷に窯を築いた。背後の急峻な岩山は霧に煙ることが多く、山水画の風景を思わせる。
  今も三十軒ほどの窯元が活動しており、多くは谷に沿った急坂沿いに集中している。不便な場所だが、最近は休日になるとこの通りは観光客でにぎわう。この通りから川を渡った、あまり人の訪れない斜面沿いに、市川翠子さんの窯(翠峯)がある。
 私は、かつて、この地を散歩していて偶然この窯を見つけた。その時のご縁で、当ギャラリーに市川さんの作品を置かせていただいている。
  市川さんは、大川内山の伝統ある窯元に嫁いできたが、ご主人に先立たれ、絵付けを学び、自身で窯を興した。
  鍋島藩窯では、「鍋島様式」と呼ばれる独自の磁器を焼いた。その代表が、白磁に赤、緑、黄の三色を基調とする上絵を描いた「色鍋島」である。市川さんは、今日まで三十年余、「色鍋島」一筋に取り組んできた。
  「色鍋島」は、上絵付けが命。市川さんは、その技術が評価され、伝統工芸士の資格を得ている。成形、素焼き、下絵付け、本焼きという工程を経た磁器に、一筆一筆丁寧に絵付けをする。それを、再び窯に入れ、焼き、取り出す。これを市川さんは、七十五歳になる、小柄な身体ですべて一人でこなす。
  「色鍋島」は、草花文様など自然を素材とした大胆で個性的な構図、鮮やかで品格ある色調、緻密さを併せ持ち、私の見るところ、日本陶芸史上最高の作品群の一つである。それらを今に再現するだけでも困難な技だが、市川さんは、それに極めて控えめではあるが独自の作風も加えている。
  女性らしい、可憐で、優しい色使い、自由闊達、奔放な筆使い・・・・。そのため、伝統的「色鍋島」のように緊張を強いられることがない。野の花を見るように、心がなごむ。市川さんのお人柄が自然に表れているに違いない。
市川さんは、このような得がたい作品を作りながら、女性伝統工芸士として各地の催しには参加はするが、自分を陶芸家として売り出そうとはされないようだ。作品も、花瓶や大皿の大物も作るが、湯のみやコーヒーカップなど日常食器を多くする。販売も控えめである。こうした姿勢は市川さんに限らず、伝統産地の職人たちに共通している。
  近年は、陶芸家を志す人が増え、東京などでも展覧会が頻繁に開かれる。ただ、どのように技術が高度で創造性に富んでいても、伝統を継承していない人の作品は何かが欠けている。また、創作を強く意識し過ぎた作品も、なじめないところがある。
  工芸品の良さとは何だろうか。できれば産地で、伝統を体質として受け継いだ職人の、その人の人柄も自然ににじみ出ているようなものがよい。市川さんとのお付き合いから、そのようなことを感じるのである。
  今年六月に、窯をお訪ねしたときは、市川さんは痛めた足を引き、また最近物忘れもするようになったと嘆かれていた。いつまでもお元気で、可憐な作品を作り続けていただきたいと願います。(2003年記)

 その後、残念ながら市川さんは2005年限りで、窯を閉じることになりました。


             





       
 中仙(煎)茶セット 各7000  汲出し茶碗 各3500  キキョウ縁皿 10000、7500(売約)、6000 (売約)  8寸額皿 30000
       
 8寸額皿 30000  8寸額皿  30000  8寸額皿 30000 (予約)  7寸高台鉢 こでまり 90000
       
 てっせん 湯のみペア 5000  野ぶどう 珈琲碗皿 5000  ぐいのみ 各1500 (売約)  丸さかずき 各800


                         楽天 その他食器 ランキング
 

トップへ
トップへ
戻る
戻る