痴陶人   (伊万里陶苑)
   澤田痴陶人(1902-1977)は元々京都で日本画を学び、染色織物の研究をしていたが、1960年に佐賀・嬉野に移り、焼き物のデザイナーとなった。68年には今も作品を引き継いでいるメーカー、伊万里陶苑創業に参加、伊万里を拠点に活動、多くの優れた作品を残した。
  痴陶人は最近に至るまでほとんど無名だった。世に出るきっかけとなったのは、1993年、大英博物館の日本美術部長であるローレンス・スミス氏が伊
万里を訪れ、作品と出会ったことによる。彼は、「生き生きとした筆のタッチは他の現代陶芸に例をみない。自由奔放な線は、見る人に愉快で豪快な「生」そのものを感じさせ、版画の棟方志功に通じると感動した」(日本経済新聞1997年3月5日)。そして97年5月、大英博物館で痴陶人の個展が開かれ
るに至った。
  以上の経緯で名を知られるようになったものの、当人はすでにこの世にいない。ただ、幸い伊万里陶苑には数多くの作品が残り、また優れた職人が
いて、痴陶人のデザインを現在に伝えることができる。当ギャラリーは、伊万里陶苑のご好意により、痴陶人作品を特別に展示させていただいています。ご覧になると、スミス氏が驚いたのと同様に、その独創性、自由な図柄、配色のすばらしさを感じていただけると思います。



フリーカップ 茄子珈琲碗 椿陶箱(大) 染め付け茄子皿
染付け茄子鉢 ススキ陶箱(小) 魚藻文扇皿 魚藻文小皿(5枚)
茄子大皿 魚藻文紅茶碗